Tanigawa Driving School
メイン画像
教育訓練給付金制度について
 
☆教育訓練給付金制度とは
働く人の主体的な能力開発の取り組みを支援し、雇用安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が厚生労働大臣の指定する一般教育訓練を受講し修了した場合、本人が支払った入会金・受講料の20%(上限10万円)がハローワークから支給されます。
 
@「初めて教育訓練給付制度を利用する」場合は、1年以上雇用保険に加入している方

A在職中で通算3年以上の雇用保険に加入している方
 
B「過去に教育訓練給付金を受給した方」で、通算3年以上経過して雇用保険に加入している方
 
仕切り線
!!! 入所の際には、教育訓練給付金制度を利用する事を、申し出てください。
ハローワークに提出する書類を作成する必要があるためです
仕切り線
  
*教育訓練給付金 手続き

STEP1.「支給要件の確認」
    本人の住所を管轄するハローワークで、本人が直接窓口で問い合わせ・確認する。
 
STEP2.「教習所への入所」と
    「給付制度への申請申し込み」

STEP3.「教習所に入所・教習開始」
    
STEP4.「教習所を卒業」
    「教育訓練修了証明書」等をお渡しします。

STEP5.「教育給付金 申請」
    ハローワークにて、ご本人による申請手手続きが必要です。
 
STEP6.「給付金支給」
    ハローワークにて受理されてから給付されます。
 
仕切り線
  
 
*一般教育訓練給付金制度についての注意事項

・教育訓練経費とは教育訓練の受講に必要な入学料及び受講料です。「諸費用は対象になりません。」

・諸費用の内訳は写真代、検定料、証明書料等です。
 教習料金から諸費用を除いた金額が給付金対象額とみなされ、その20%が給付金となります。

・入所お手続き前に、必ず受講される方が支給要件を満たしているかどうかの確認が必要になります。
住所を管轄するハローワークにて「教育訓練給付金支給要件回答書」の照会を受けてください。
教習開始後では認められません。
なお、教習所からハローワークに問い合わせはできません。

・技能教習の規定時限の延長分は給付金対象額とは、みなされません。ご注意ください。

・給付金の支給は、全課程を修了し卒業時に教習所で発行する「教育訓練修了証明書」と「支給申請用紙」に必要事項を記入し卒業から「1ヵ月以内」に住所を管轄するハローワークで申請手続きをした後に支給となります。
 
・給付金額を差し引いた額のご入金ではお受けできません。
 またこの制度は各講座ごとに厚生労働省の指定を得ており教育訓練経費としての額を申請している為、料金の値引き等の金額は給付金対象外になります。

・教習途中でコースを変更することはできません。また途中で教習をやめてしまった場合は、支給の対象外となります。
 
仕切り線
TEL: 0120-782-762
 
お問い合わせはこちら
 
TOPへ戻る
 
COPYRIGHT (C)Tanigawa Driving School
仕切り線